デリケートな赤ちゃんに適切な食事を

赤ちゃんが喜ぶ最高の贈り物を選ぼう迷いがちな出産祝い品。選ぶポイントは・・・ママとのお出かけに最適なベビーカーを贈る一番無難な贈り物 ベビー服赤ちゃんが快適に座れる椅子を祝い品に赤ちゃんに快眠を提供する布団産まれた赤ちゃんにはお洒落なリングをマザーズバッグやおもちゃなど、その他贈り物に適した品日本と海外の違いは?ベビーシャワーという習慣

デリケートな赤ちゃんに、おいしくて栄養のある食事を

産まれたばかりの赤ちゃんは母乳だけを飲むだけで問題ありませんが、成長するにつれて母乳以外の食事(固形物)も食べるようになってくるので、育児を担当するママにとって赤ちゃん用の献立を考えることも必要になってきます。

赤ちゃんは産まれた直後だと消化器官系が発達していないため、胃の消化に悪い食べ物や消化しきれないような食べ物を与えてしまうとお腹を壊してしまう恐れがあります。育児を始めたばかりのパパ、ママさんには是非とも知ってもらいたい、赤ちゃんにとって消化の悪い食べ物やアレルギーを起こす可能性がある食べ物。

パパも育児をママに任せたきりにするのではなく、どういった食事が適切なのかを覚えておきましょう。

アレルギーを起こす可能性のある食べ物

赤ちゃんの身体を考えた食事のために、まずどの食べ物がアレルギーを起こしやすいかを知っておきましょう。

アレルギーを起こす可能性のある食品

卵 /  パン /  小麦 /  牛乳 /  そば /  キウィ /  大豆 /  惣菜 / 

乳製品や卵はアレルギーを起こしやすい食品として有名ですが、キウィや大豆などはあまり知られていません。
どの食品に対してアレルギーになるかは発症するまで判断できないので、
飲み込んだ後にじんましんが起きたり、体中がかゆくなるようであればすぐに食事を止め、医者に診断してもらいましょう。

上記にあるリスト一番下にある「惣菜」ですが、これは特に自炊をあまりしない家庭は注意しておく必要があります。
大型スーパーで買い物がてら、昼食や夕食の足しに惣菜を買う方も多いと思いますが、この惣菜にはアレルギーを引き起こす食品が入っている可能性が高く、かつ簡単に除去できないものばかりです。

どういった食品が入っているのか、食品表記が義務づけられていない惣菜はアレルギーを引き起こす食品が入っているかどうかを確認する術がないので、購入する時は食品売り場の職員に成分や食品について確認を取っておけば間違いはないと思います。

■アレルギー食品によって起こる症状

発疹 / 皮膚炎 / 咳 / 目のかゆみ....etc

今までなんともなかったのに、特定の食品を口にした後に上記症状が出た場合はアレルギーの疑いがあるので、無理に食事をさせるようなことは避け、症状を医者に診せるなど適切な処置を取るように心がけましょう。

check

日立
https://www.hitachi.co.jp/
スーツケースの販売サイト
https://www.rakuten.ne.jp/gold/d-success/
>
ベビー用品 ベビーカー
ベビー用品 ベビー服
ベビー用品 ベビーチェアー
ベビー用品 ベビー布団
ベビー用品 ベビーリング
ベビー用品 その他いろいろ
チャイルドシートの義務
プリザーブドフラワーの秘密