今だからこそ知っておいて欲しい「育児」

赤ちゃんが喜ぶ最高の贈り物を選ぼう迷いがちな出産祝い品。選ぶポイントは・・・ママとのお出かけに最適なベビーカーを贈る一番無難な贈り物 ベビー服赤ちゃんが快適に座れる椅子を祝い品に赤ちゃんに快眠を提供する布団産まれた赤ちゃんにはお洒落なリングをマザーズバッグやおもちゃなど、その他贈り物に適した品日本と海外の違いは?ベビーシャワーという習慣

子育てができない母親が急増している中で・・・

新聞やテレビ、書籍などで精神的に子供な大人、大人になりきれない人をピーターパンと表現して揶揄する場面を見かけます。子供が産まれたのに悲しいことです。大人として備えておくべき自覚、意識が欠如しているために冷静な判断ができず、その場限りで物事を判断したり感情にまかせて物事を客観的に見ることができない大人が徐々に増えている、とは言われていますが、
現時点ではまだこういった「大人になれない大人」は比較的少数派でしょう。

趣味や発言が子供じみているだけならまだかわいいほうで、極端な例だと子供ができたのに育児よりも自分の趣味などを優先する母親としての意識にかけた人や我が子と妻を支えるべきポジションであるのに、これらの責任から逃れようとする夫など、正直目も当てられないような「自称”大人”」な人がいるのも事実です。

これからの育児を考える意味でも、このページでは育児に関連して「これからの子育て」についてご紹介していきます。





子育て拒否のママが産まれる原因を探る

夫と妻の愛の結晶とも言うべき「赤ちゃん」。その赤ちゃんの育児を放棄したり、我が子への愛が欠落するのはどうしてなのか。これらについては諸説ありますが、一説には、

  • ○ 自分の思い描いたように(理想通りに)育ってくれない
  • ○ 育児や仕事が忙しすぎて、自分の時間が作れない
  • ○ 育児を協力して行う環境にない(夫の育児への無関心など)

などが主な理由として挙げられるそうです。

「できちゃった結婚」がさほど珍しくなくなった今では、子供を作ることの責任と自覚が著しく欠如している人たちが、無計画に・無節操に子供をつくり、その結果親の愛を十分に受けられないかわいそうな子供になってしまうのではないか、と考えられます。

子は親を選べない、逆もまた然り

当たり前の話ですが、子は親を選べません。当事者でない限りはこの世に生を受けた以上、母親と父親の元で育ててもらい、健やかに育ってもらうことを祈るしかありません。それでも父親・母親として備えておくべき「子育てする自覚」「育児への関心(意識)」を持っていなくてはならないでしょう。

こんなことは改まって教えて貰うようなことではなく、情操教育の一環として大人になるまでの間に身に付けておくべき、覚えておくべき意識・自覚だと個人的には思うのですが、無責任にも子育てを放棄する精神的に未熟な父親・母親が増え続けている今だからこそ、「当たり前の育児」についてもう一度考え直す必要があるのだと思います。

check

データ入稿を頼む
http://www.niwa-p.co.jp/meishi/
ベビー用品 ベビーカー
ベビー用品 ベビー服
ベビー用品 ベビーチェアー
ベビー用品 ベビー布団
ベビー用品 ベビーリング
ベビー用品 その他いろいろ
チャイルドシートの義務
プリザーブドフラワーの秘密