チャイルドシートに関する情報をご紹介!

赤ちゃんが喜ぶ最高の贈り物を選ぼう迷いがちな出産祝い品。選ぶポイントは・・・ママとのお出かけに最適なベビーカーを贈る一番無難な贈り物 ベビー服赤ちゃんが快適に座れる椅子を祝い品に赤ちゃんに快眠を提供する布団産まれた赤ちゃんにはお洒落なリングをマザーズバッグやおもちゃなど、その他贈り物に適した品日本と海外の違いは?ベビーシャワーという習慣

チャイルドシートの設置は義務

お子さんがいらっしゃる方なら、もちろんチャイルドシート・ベビーカーを自動車に設置していますよね。えっ、まだチャイルドシートを取り付けていない?それはとても危険!!チャイルドシートは子供の安全を守るために必要なベビー用品です。現在では道路交通法の改正により、ご家庭の自動車にチャイルドシートを設置するのが義務付けられています。それには大きな理由があるのです。

それまでの車はチャイルドシートが義務ではありませんでした。しかし、交通事故による子供の死亡率が高かっため法律が改正され義務化されるようになったのです。幼い命がなくなるのはとても辛いことですよね。せっかく新しい生命を得て生まれてきたのに、短い生涯をとじてしまうと言うのはとても悲しい…。子供の将来を考えてもしもの事故に備えることが大切です。その命を守るのが、チャイルドシートと言えるでしょう。

お勧めのチャイルドシート

子供を持つのが始めてのご家庭なら、どのチャイルドシートを選べばいいか分からないかもしれません。今ではさまざまなチャイルドシートが販売されていますので、その豊富な種類に戸惑ってしまうかもしれません。その中から子供に合ったチャイルドシートを選ぶのは、事前に情報をチェックし商品を検索する必要があります。その際、お勧めしたいチャイルドシートをご紹介します。

ベビーカーとの兼用チャイルドシート
初めてご購入されるなら、チャイルドシートとベビーカーとの兼用がとても便利です。子供が生まれるとおむつや哺乳瓶などのベビー用品の購入や、食事・ミルク、また風邪などでの病院代などさまざまなことでお金を使います。そうなるとお財布の紐も硬くなってしまうでしょう。そんな状態なのにベビーカーもチャイルドシートも個別に買うのは少しためらってしまう…。
しかし、この兼用タイプならどちらにも使うことができます。1台で2台の機能を備えているわけですから、多目的なチャイルドシートと言えるでしょう。この兼用タイプは車に設置してチャイルドシートとして使用し、車から降りたときはシートを外してベビーカーとして利用することができます。家族でドライブなど遠出をする場合、とても役立つチャイルドシートです。
ジュニアシートとチャイルドシートの兼用タイプ
ベビーカーとの兼用タイプと同じですが、こちらもジュニアシートとの兼用タイプとなります。そのため、11歳まで使用できる長期型タイプ。すぐに使えなくなってしまうチャイルドシートの中で、ジュニアシートの兼用タイプは長いスパン使えるといった点でメリットが高いでしょう。しかし、その分大き目のサイズとなりますので1歳未満のお子様に使うことができません。安全性が確保できませんからね。1歳未満のお子様には専用のチャイルドシートを選びましょう。

購入前に気をつけること

さて、さまざまなタイプが存在するチャイルドシート選びが決まったらいざ購入となるわけですが、その前に必ずチェックしてもらいたいことがあります。それは「車に設置可能?」かどうかです。いくら価格が安くて兼用タイプ、そして探していた希望のチャイルドシートが見つかったとしても車に設置できなければ意味がありません。買ったは良いけど設置できないとなると購入した意味がありませんよね。そのため、購入する前に必ず車にあるか動かを調べなければいけません。

近くにショップがあるなら訪れるようにしましょう。実際にシートに付けて合うかどうか確かめることができますからね。また、インターネットのショッピングでチャイルドシートを探すなら、車のシートに合うかどうか細かな詳細をチェックして慎重に選ばなければいけません。インターネットの場合は試しに設置することができないため、届いてからの確認となります。届いてから設置できないとなると、返却、また商品探しと苦労が増えます。チャイルドシートでなくても、事前の下調べは必ず行うようにしましょう。

チャイルドシートシートをレンタルしよう

子供が大きくなると使えなくなってしまうのが、チャイルドシートのデメリットかもしれません。しかし、その割りには値段が高い。子供の安全を考えれば安い買い物ではありますが、家庭の経済事情を考えると値段を抑えてどうにか節約できないものかと考えるでしょう。そこでお勧めしたいのがチャイルドシートのレンタルです。

レンタルであれば購入する必要がなく、子供が大きくなって使わなくなれば返却すれば良い!それで子供の安全を守れるわけですから、レンタルする人はかなり多いです。レンタルできる場所は市町村や産婦人科など特定の場所で可能ですのでお近くの窓口で確認するようにしましょう。ただ、レンタル用は返すのが当たり前ですから、シミなどの汚れ、またシートを破けてしまった場合は弁償させられます。扱いには気をつける必要がありますね。

種類別チャイルドシート

チャイルドシートはさまざまなタイプがあります。しかし、大きく分けると乳児用タイプと幼児用タイプ。この二つの違いについてご紹介します。

乳児用タイプは1歳未満の子供を対象としたチャイルドシート。生まれたての赤ちゃんはまだ首が座っていませんので、ベッド形式のチャイルドシートになります。横に寝かせておけるので、赤ちゃん起きているときでも眠りを誘います。また、ベビーカーのように覗き込むような目線になるので車の中でも赤ちゃん見ることができます。

幼児用タイプは自分で座ることができるお子様対象のチャイルドシートです。年齢的には4歳ぐらいまで。通常のシートベルトでは子供にフィットしないので、成長したとしてもこの幼児用のチャイルドシートが必要になります。乳児用から幼児用の変え時ですが、子供の首が座ってからと考えるといいでしょう。また、11歳までを対象にしたジュニアシートもありますが、小学生ぐらいになってくると皆車のシートに座るようになるので別の機会にご紹介したいと思います。

ベビー用品 ベビーカー
ベビー用品 ベビー服
ベビー用品 ベビーチェアー
ベビー用品 ベビー布団
ベビー用品 ベビーリング
ベビー用品 その他いろいろ
チャイルドシートの義務
プリザーブドフラワーの秘密